白髪が治るシャンプーランキング

1位 クレムドアンブラックシャンプー

新成分「ダークニル」が白髪を黒髪へ

クレムドアンブラッククリームシャンプーには「ダークニル」が配合されています。

ダークニルは毛根の幹細胞に直接働きかけ、メラニン色素の生成を促します。この働きにより白髪が黒髪に戻ってくる効果が期待できます。

また髪の酸化ダメージからもメラノサイト(表皮と真皮の境界にあたる基底細胞の間にあるメラニンを生成する細胞)を保護する働きもあると言われています。

インコスメティックス2018受賞をしている新原料成分です。機能性に優れた新原料として、いま注目されています。

2位 KAMIKAシャンプー

KAMIKAシャンプーの特徴1つめ

KAMIKA(カミカ)黒髪シャンプーは1本5役のオールインワンです。

KAMIKA(カミカ)オリジナルの香りはおだやかな海をイメージした”マリンノートの香り”です。

KAMIKA(カミカ)は、2つのサポート成分により白髪染め・カラーリングの色持ちをサポートします。

まず1つめが「ヘマチン」。これはサロンでも白髪染めの前・後処理に使用されており、髪のケラチンに反応し傷んだ髪を根本から補修します。

2つめが「メタリン」。白髪染め世代、年齢を感じる髪の原因はメラニン不足であり、根本から色あせないうるツヤ美髪へ導きます。

3位 haruシャンプー

haruシャンプーの特徴1つめ

毎日使い続けるものだからこそ本当にいいものを使い続けてほしい。haruはそんな想いから生まれました。

自然のチカラを信じ、頭皮や髪に負担のかかる成分は無添加。100%天然由来・10の無添加にこだわったシャンプーです。

頭皮や髪に負担のかかるシリコン・合成ポリマーなどは無添加。また天然系のシャンプーとは思えないほどの泡立ち、仕上がりとなります。

シリコン、合成ポリマー、カチオン界面活性剤、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、合成防腐剤、合成保存料、10の無添加です。

ノンシリコンでもキシみやパサつきなく、シャンプーだけで毛先まで、するっとまとまるツヤ髪になります。

白髪を治すシャンプーの成分解説

白髪を治すシャンプーには白髪に働きかける成分が配合されています。

白髪ケア成分「ダークニル」の効果

毛根の幹細胞に直接働きかけ、メラニン色素の生成を促します。白くなってしまった毛根も黒髪メラニンを作らせる働きがあります。髪の酸化ダメージからもメラノサイト(表皮と真皮の境界にあたる基底細胞の間にあるメラニンを生成する細胞)を保護する働きもあると言われています。この3つがダークニルの代表的な効果となります。インコスメティックス2018受賞をしている新原料成分です。機能性に優れた新原料として、いま注目されています。

白髪ケア成分「ヘマチン」の効果

血液中のヘモグロビンを分離させて「ヘマチン」と「グロビン」に分けた成分です。髪の主成分であるケラチンと元々結合していたグロビンの成分が似ているため、髪に塗布した場合結合しやすく、結合すると髪の成分となります。そのため傷んだ髪を補修してくれる効果があります。また、頭皮の老化予防や、カラー・パーマの持ちが良くなる、抜け毛予防、育毛効果など様々な効果がありますが、メラニン色素の復元をし、メラノサイトを刺激することにより白髪予防にも効果があります。副作用も少なく安全性も高いと言われている成分です。

白髪ケア成分「メリタン」の効果

頭皮ではなく、毛根の幹細胞に直接働きかけ、幹細胞内で休止してしまっているメラニン色素の生成するチロシナーゼの働きを活性化させてくれます。その結果、メラニン色素の生成が促進され、白髪改善・白髪予防に効果があると言われています。その人本来の髪の色に戻す効果のある成分です。黒髪の成長をサポートし、黒髪を艷やかに保ちます。ヘマチンと併せて配合されているシャンプーなどが多く販売されていて、近年大注目されている成分です。

白髪が治るシャンプーのメリット

白髪染めシャンプーの一番大きなメリットは、お手軽に染めることができるという点でしょう。他の白髪染めのように理容室に行く必要もなければ、自分で染めるために毎回数十分と待つ必要もなく、毎日の洗髪に使うシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけで白髪のケアができるので、白髪対策のために何らかの手間が増えるということがありません。また白髪染めシャンプーは通常の白髪染めと違い髪の毛や頭皮へのダメージが傷みにくいので、髪を染めてもギシギシゴワゴワとしにくいというのも特徴です。既存の白髪染めは髪へのダメージが大きかったことも使用者の悩みの種だったので、これも小さくないメリットでしょう。肝心の染色についても毎日のシャンプーで少しずつ染めていくので濃過ぎて違和感が出るということもなく、自然な仕上がりになります。同じく毎日のシャンプーで染めていくことから染残しに気付いてもその日のシャンプーですぐにリカバリーができますし、初めて白髪対策をする方でも失敗することがほとんどありません。

白髪が治るシャンプーのデメリット

白髪染めシャンプーは毎日のシャンプーで少しずつ髪に色を付着させていく性質上、どうしてもしっかりと白髪が染まるまで時間がかかってしまいます。毎日白髪染めシャンプーで髪を洗っていても、染め終わるまで10日から2週間程度の期間が必要です。また色のもととなっている成分を髪に浸透定着させているのではなく、あくまで表面に付着させているだけなので、色落ちがしやすいというデメリットもあります。色落ちする原因は水に濡れることなので、大量に汗をかいたり傘がない時に突然雨に降られたりすると、髪から色が落ちて服を汚すこともあるので、汗かきの人や雨の多い時期は注意が必要でしょう。また白髪染めシャンプーは、パーマを当てると白髪染めシャンプーの色成分が化学反応を起こして、変色してしまいます。また一度使い始めてからやっぱりすぐに染まったほうが良いと通常の白髪染めを行った場合も変色して狙い通りの髪色に仕上がりにくくなるので注意が必要です。

白髪染めシャンプーと白髪染めの違い

白髪染めシャンプーと白髪染めの一番大きな違いは、どのように色を付けるかにあると言っていいでしょう。白髪染めは成分を髪に浸透させ、髪の内側に色素を定着させて髪を染めるという仕組みです。それに対して白髪染めシャンプーは、髪の表面に色素を付着させるだけです。表面的だからこそ色落ちしやすいデメリットはあるものの、髪を傷めにくい、1回に掛かる時間が短いと言ったメリットもあるので一長一短です。実用面での違いで言うと、白髪染めシャンプーは髪を傷めず特別な手間を掛ける必要もなく染められるのに対し、白髪染めは手間はかかるものの一度使うだけで狙った髪の色を定着させて色も落ちにくいというのがそれぞれの違いと言えます。すぐに髪を染めたい、確実に狙い通りの色に仕上げたい場合は白髪染めが向いていますし、簡単に髪を染めたい、髪を傷めたくない、髪が短いから頭皮へのダメージも気になるという方には白髪染めシャンプーの方が良いなど、染髪方法の違いでどんな人に向いているかにも差が出てきます。

白髪の原因

一般的に35歳を過ぎたあたりから白髪に悩まされる人が増えているようです。加齢・ストレス・生活習慣の乱れ・遺伝によるダメージなど色々な原因が挙げられています。いずれにせよそれらの理由により毛根のメラノサイトトレスの働きが低下し、メラニンの生産量が減ってくることが原因と言われています。メラニンの生産量が減ってくる原因は栄養不足やストレス、乱れた生活習慣などで頭皮の血流が滞り、酸素や栄養が行き届かずに細胞の機能が低下するためです。また紫外線も白髪の原因といわれています。紫外線は日焼けの原因になるだけではなく、頭皮の真皮内にも侵入し活性酸素が大量に発生し正常な細胞を攻撃します。それによりメラノサイトもダメージを受けメラニン色素を作れなかったりして白髪の増える原因となってしまいます。頭皮マッサージ等で血流をよくすること、生活習慣の改善や食生活の見直しをするとともに、メラニン色素の生成を助けて促すようなグッズをすることで改善につながっていきます。